髪は年齢によって変化する

乳児や幼児の髪は細くて、軟らかくなっています。乳児や幼児の髪の毛表皮の厚みを大人と比較した場合、乳幼児は半分くらいしかないのです。そして成長とともに太くなり、10代で成人と同等になります。髪の毛は概ね一つの毛穴から3本又は5本生えていると言われます。個別に差は見られますが、一つの毛穴から生えている毛髪のうち、主毛と言われるものを除いておよそ3・4年から6・7年前後の周期で常に脱毛と発毛を繰り返しているので、1日のうち50本から60本位の抜け毛ならば特別心配はないのです。

 

基本的に、毛根の一番下の「毛乳頭」から栄養を受けた「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返して毛髪が組織され、その髪が日々生長しています。

 

発毛のヘアサイクル

 

生長期:毛髪の製造する毛母細胞が盛んに細胞分裂を繰り返して毛髪を造る時期。

 

移行期:毛髪の生長活動が停止し始めて毛根が萎縮して角化が始まる時期。

 

休止期:毛髪を製造する毛母細胞が細胞分裂を停止して、毛根の萎縮と角化を完了する状態。

 

毛髪は、一生伸び続けるわけではありません、一定の時間伸び続けると抜けて、再び同じ毛穴から次の毛髪が生えてくる生長サイクルをずっと繰り返すのです。この髪の毛の周期をヘアサイクルと言い、男性ではおよそ3年〜5年。女性の場合では4年〜6年とされています。

 

基本的には髪が、活発に生長を続ける「生長期」、毛根が短縮する「移行期」、活動が停まる「休止期」、新しい毛髪が生えて来きて、古い毛髪が抜ける「脱毛期」、という大きく4つの生長サイクルを繰り返しているのです。

 

育毛剤イクオス