髪が生える仕組み

髪は本来は肌の一部が変化したとされています、ですから、髪は皮膚とともに誕生し、角化の形成が進行して髪となっていくのです。髪が生える発毛のプロセスははじめに毛包が造られます。 胎児のの時に毛包ができてその下部にある髪を製造する毛母細胞で細胞分裂が行われることで、髪は生長するのです。 髪が生えて、生長に欠かせない栄養素は18種類のアミノ酸で、毛細血管で運ばれています。

 

髪にはヘアサイクルについて

 

髪は毛母細胞が刺激を受けることで生長しますが、この生長する期間は、男性で約3年〜5年位、女性の場合は約4年〜6年続とされているようです。 始めは細く軟らかかったものがそのうち太くハリのあるしっかりとした髪となります。その内生長がにぶる退行期(約3週間)となり、完全に髪の生長が動かなくなる休止期(約4ヵ月〜6ヵ月)となり髪は抜けます。

 

休止期の最後では、古い髪は頭皮の上へと上がり、頭皮の下の所では、次の新しい髪になる毛芽が生まれ次の髪の準備が動き出します。 毛穴の中が健やかな状況ですと脱毛と同時に次の髪が生えてくるのですが、ストレスを初めとするや何かの要因うまくできない場合があるわけです。この状況が続く事で抜け毛が増えて髪が薄い状況になるのです。髪は1本づつ自立した生長サイクルを持って、それぞれが生え替わっていくのです。

 

 

育毛剤イクオス

医薬部外品の育毛剤の正しい使い方

医薬部外品の育毛剤を購入して使う場合は、医師の処方するAGA治療薬と比べて、穏やかな効き目をどれだけ活用できるかが大切です。

 

医薬品とは異なり、医薬部外品ですからむやみに期待してはいけません。だけれど育毛剤が効きやすい環境ならば、気軽に使えるのも医薬部外品の良さです。

 

このような育毛剤を活用方法は、入浴中や入浴後のヘアケアです。入浴中に正しい洗髪をおこない、頭皮の状態を整えて、育毛剤を用います。

 

シャンプー後は頭皮の毛穴が開いていまから、育毛剤の成分が毛根に浸透しやすいです。さらに、就寝前になりますが、髪の成長は真夜中ですから、就寝前の育毛剤は時間的にも効きやすいとされています。

 

育毛剤をつけるタイミングが良ければ効果を最大限に引き出すことができますから意識してみてください。

 

育毛がうまくいかないと感じている場合、正しい方法を実践していない事が多く感じます。育毛剤を使っている、もしくは購入予定の人はぜひ使い方から見直してほしいと思います。